×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

糖尿病に効果的な食事

糖尿病の食事療法について

糖尿病患者さんの多くは食事療法を取り入れているそうですが、糖尿病の食事療法で1番はじめにすることは、自分に必要なエネルギー量を知ることです。1日に必要なエネルギー量には個人差がありますので、医師の指示に従うのがベスト。ちなみに、通常は成人男性なら1400〜1800kcal、女性なら1200〜1600kcalくらいだと言われています。

 

糖尿病の食事療法は、エネルギー量が与えられた基準値を超さないように、食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富な食材バランス良く摂取します。油を使うのを控えるなどと、調理方法などを工夫するといいでしょう。特に食物繊維は糖の吸収を抑える働きがあるので積極的に摂るように、そして逆にアルコールやお菓子などは控えるようにしたいですね。

 

糖尿病の食事療法において1番大切なのは1日3回、決まった時間にしっかりと摂るということ。何故かと決まった時間かと言うと、これは血糖値を安定させるためなので、できるだけ食事の量や摂取時間は一定を保つように心掛けましょう。