×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妊婦の糖尿病とは?

妊娠糖尿病について

女性は結婚、妊娠、出産と人生の中で大きな舞台をいくつも経験します。特に妊娠や出産は特別な出来事であると思います。妊娠中は体が普段とまるで別のものになると思いますが、気をつけてほしいのが妊娠糖尿病です。妊娠糖尿病とは何かという方のために、説明いたしますね。

 

妊娠糖尿病とは、妊娠中に発覚した糖尿病や、健常者より血糖値が高い状態が続いている方の状態のことです。妊娠中はインスリン拮抗ホルモンという血糖値を上げやすいホルモンが出ています。そのため、インスリンが効きにくくなり、血糖値が高い状態が続きやすいです。普通でしたら、この時に膵臓からインスリンを多く分泌するのですが、それが出来ない妊婦さんの血糖値は上がってしまうのです。

 

妊娠糖尿病の治療方法は、主に食事療法ですが、うまくいかない場合はインスリン療法になります。血糖値が高いと、赤ちゃんが巨大化、または発育不良になったり、生まれた後の赤ちゃんが低血糖になったりと、様々な影響が出ますので、気をつけたいところですね。妊娠糖尿病とは?と小首を傾げていた方のお役に少しでも役立てたなら光栄です。