×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

合併症の種類について

恐ろしい合併症の症状

糖尿病の恐ろしいところは、さまざまな合併症を引き起こすというところであり、病気の途中失明や透析の導入などの原因は、この病気が最も多いのです。病院で行う糖尿病コントロールも、主に糖尿病の合併症を予防することが主な目的なのですよ。

 

そして糖尿病の合併症というのは、その多くが血管と密接に絡んでいるので、糖尿病は血管の病気だ、とすら言われるのだそうです。毛細血管など小さな血管に症状があらわれることが多いのですが、最も恐ろしいのは比較的大きな動脈などにあらわれる、「大血管障害」と言われる3つの障害。

 

それは「脳血管障害」、「虚血性心疾患」、「糖尿病性壊疽」、の3つなのですが、これらは全く何の兆候もなく発症する、というわけではありません。糖尿病の合併症は頭痛、手足のしびれ、息切れ、などの小さなサインが必ずあらわれます。こういった微々たる違和感を見逃さない、放っておかないということが糖尿病の予後、合併症の予防に大きく関わっていくのです。